現金化を一番におすすめしたい人物像を探してみた

現金化利用がおすすめの人はこんな人① 主婦の方、学生さん、女性

最近は、現金化を利用する方が増えています。その理由としては、他の消費者金融や銀行ローンのように審査面倒な審査が無く、手続きも簡単なので、誰でもすぐに利用できるということがあります。誰でも活用できると言いましたが、特につぎのような方におすすめしたいです。

現金化を利用しようか、消費者金融や銀行のカードローンにしようかと迷っている方はどちらにもそれぞれメリットとデメリットがあるので、甲乙つけがたいところがあるかもしれません。ですが、次のような方は現金化がむいているので、消費者金融や銀行のカードローンより、現金化が向いています。

収入がない主婦の方や働いていない方

基本的に、消費者金融は定職がある方を対象としています。そのため、無収入の方はなかなか審査に通ることが難しいです。借入限度額が年間で収入の3分の1までとされていますので、そもそも収入が無い方はゼロですので、3分の1といっても枠がありません。そして、銀行ローンの場合、借りられないわけではないのですが、御主人の名前を借りたりすることから、万が一、バレてしまうことがあります。そのため、どちらも主婦の方にとってはあまり好ましい選択肢とはいえません。
その点で有利なのが現金化です。現金化業者では、本人の職業や収入は全く関係ありません。そもそも自分で購入するわけですから、本人あるいはご主人名義のカードさえあれば誰でも利用できます。もちろん、御主人に知られることもありません。よくあるのが、カード名義だけではご主人で自分が管理しているというようなことですが、多くの信用取引ではカード所有者の本人確認などが必要になりますが、現金化ではとくにそういったプロセスはないので、ご主人名義のカードでも問題なく使用可能です。

学生の方

学生の方は、消費者金融や銀行カードへ借り入れできる可能性は少ないです。アルバイトなどをしていて、定期収入がある場合、可能となりますが、例えば3万円の月々の収入がある場合年間の利用限度額は12万円です。これ以内であれば利用できないわけではないのですが、毎月3万円の収入だとすると1万円ずつ返していっても元金をかえすのに12カ月かかります。さらにそこに利子が加算されてくるとかんがえると、かなりキツイのではないでしょうか?その点、現金化業者なら、その時必要な金額を借りて、すぐに現金化してしまえば利子などがつくこともありません。精神的にもずっと返し続けていくというのは辛いことではないでしょうか?

女性の方

女性の方は、正直消費者金融や銀行のカードローンなどを使うことに抵抗を感じるのではないでしょうか?銀行ならいいという方もいらっしゃるかもしれませんが、結局は借金です。なんとなく怖い、取り立てがありそうというイメージは払しょくできません。実際にサラ金のような取り立てはないとしても、延滞すれば、会社から電話が入ります。そういった危険を冒すのはやはり女性にはあまりおすすめしません。そこで、現金化なら、その時必要な金額をカードでショッピングして入手するといういたって安全な方法でお金を手に入れることができるので、間違いなく怖い目をしたり、危険なことに巻き込まれるという心配はないです。

このように現金化を利用するのに特におすすめしたい方をご紹介しましたが、ほかにも実はいるので、次回以降ご紹介していきたいとおもいます。

現金化利用がおすすめの人はこんな人② 非正規雇用の方、他者に借り入れがある方、個人事業者の方

先ほど、現金化をオススメしたい方をご紹介しました。その内容としては、主婦の方が、学生さん、女性におすすめしました。それ以外にもいろいろ利用度が高い人がいます。

消費者金融や銀行のカードローンは利用したくない、利用できないなどの人がいます。あるいはりようできるのだけど、あまり向いていないという方もいます。次のような方は、現金化のほうがずっと適しています。

非正規雇用の方

非正規雇用の方は、場合によっては利用できないこともあります。基本的には、定期収入があることが条件となりますので、日雇いのようなお仕事ですと、これには該当しません。借り入れできる限度額は、年収の3分の1となっていますので、日雇いの方はこれを算定するのが難しいからです。また貸し出しをするほうとしても、確かな収入源の無い方に貸したくないと思われてしまい、断られるか、いたずらに審査などをされて嫌な思いをしかねません。そのような経験をしないように、現金化のほうがスムーズに手続きを進められます。派遣社員やアルバイトの方も同様です。日雇いの方よりは、借入できる金額は決まっているので借り入れできる可能性は高いですが、額は多くありませんし、職場に在籍確認などが入ったりして、嫌な思いをする可能性もあります。このような立場の方は下手をすれば、この利用が知られて職を失ったり、立場が悪くなりやすいので、利用を控えたほうが無難です。その点、現金化業者なら、全く職場と関連付けられることはありません。どのような雇用形態の方でも平等に同じ額を入手できます。

他社に借り入れがある方

他者に借り入れがあっても、借入の枠が残っていれば他社で再度借り入れできる可能性はありますが、かなり厳しい審査があったり、過去の延滞歴などを調べられて断られることがあります。このような申し込みそのものが履歴になり、ブラックリストにのったりすることもあるので、無駄に他者への申し込みはしないほうが無難です。そのため、全く履歴なども残らず、フリーな状態で現金を手に入れることができる現金化が最も賢明です。また、もし借入額が枠を超えていても、現金化で入手するお金はそれとは全く別枠となるので、今後、もし現金が必要になった時の危険も回避することができます。

引用 ショッピング枠現金化サイト口コミおすすめ比較ランキング2018!
https://shoppingwaku-genkinka.jp/ ショッピング枠現金化でお金をゲットする

個人事情主の方

個人事業主の方は、正直消費者金融や銀行のカードローンを組めるかは、事業の状況次第です。過去数か月の収入証明などを提出することによって借り入れできることもあるのですが、間違いなく会社員の方などよりは厳しい審査があり、提出書類も増えます。正直言って、このようなステップをふまなければならないだけでも面倒だとお思いになるでしょうし、場合によってはそれでも断られてしまうこともあります。同じ額の収入がある方よりも限度額も少なくなってしまうこともあり、個人事業者の方はいろいろデメリットが多いです。その点で、現金化業者ではこういったデメリットを被ることは全くありませんので、個人事業者の方でも問題なく利用可能です。

このように現金化を利用するのに特におすすめしたい方をご紹介しました。自分は実は現金化向きだとしらずに、面倒な消費者金融や銀行のカードローンを利用されていたという方もいるかもしれません。是非便利な現金化業者を利用しましょう。